映像制作ソフトウェアについて

映像制作に必要なソフトウェアについて説明していきます。
作る映像の種類にもよりますが、Adobe AfterEffectsは導入しておいて間違いないと思います。これは映像にエフェクトをかけるソフトウェアです。エフェクトとは、光、煙、炎、など対象物を際立たせるために使われる効果のことを言います。エフェクト関連のソフトウェアでは一番高機能で、業界でも使用されています。また、AfterEffectsはプラグインを導入することが出来ます。

有名どころのプラグインとしては、Trapcode、VideoCopilotの二つがあります。プラグインを導入しなくても、標準エフェクトがあり、十分なエフェクトをかけることができますが、プラグインを導入することで、さらに高度なエフェクトをかけることが可能になります。また、AfterEffectsや関連するプラグインには、もちろん有償での提供なので手を出しにくいという方は、無料のソフトウェアを使用すると良いと思います。無料ソフトウェアには、Aviutlという編集ソフトがあります。使用にはお金がかからず、だれでも手を出しやすいので初心者の方でも簡単に使用できます。
上達してきたら有償のものを使用していけばよいと思います。